スポーツ合宿を通じた地方創生支援

1年で宿泊者数555%増

DEVELOPMENT

“良かった合宿、良くなかった合宿は何が違うのか?”

良いスポーツ施設、ホテルではなく、受け入れてくれる人です。いざという時に助けてくれる人、そういう人がいる合宿地とそうでない合宿地ではリピート率の違いに気付きました。テクノロジー時代の今だからこそ、人との繋がりを大切にし、これからの地域をスポーツで活性化する「スポーツ合宿ツーリズムコーディネーター」の育成支援を行なっております。

OUR CHALLANGE

1.地域の資源(自然、人、風土)を活かしたスポーツ合宿を定期的に開催できる

コーディネーターを集め、育成し、増やす。

2.スポーツ合宿ツーリズムコーディネーターが徹底的に支援されるコミュニティを育成する。

OUR GOOL

地域における関係・交流人口を増やし、地域経済の活性化を図る。

継続的なスポーツ合宿の受入地域へ。 → 地域で起業する。

​【ランブリッジが目指すスポーツ合宿における地域のリレーションシップ構築図】

【栃木県矢板市プロジェクト】

 

東京から約80分、県庁所在地である宇都宮から約20分の距離に位置しているのが矢板市である。栃木県No1の生産量を誇るりんごやつつじの郷矢板たかはら米が有名である。​そんな矢板市だが2018年12月にシャープ栃木(矢板)工場での液晶テレビの生産が終了した。

観光地でも日光や那須塩原には敵わない、通過地点となっている矢板市。2018年12月よりスポーツ合宿で地域を活性化させるプロジェクトを矢板市や矢板スポーツコミッションと共同で行うこととなった。

前年延べ宿泊数が約300泊だったが、2019年には28チーム​1667泊に増加

“アクションプラン”

​地域おこし協力隊制度による資源(ヒトモノカネ)を活用し、スポーツ合宿コーディネーターとして人材育成を行なった。スポーツ合宿コーディネーターが活躍できるようにランブリッジを始め、矢板市や矢板スポーツコミッション、学校、地域の人々を巻き込んだプロジェクト構成を行うことでスポーツ合宿チームの増加に成功した。現在も多くのチームに矢板市へ訪れてもらえるようプロジェクトは進行中。

【矢板市での合宿の様子】

【講演会について】

スポーツ合宿を通じた地方創生支援をテーマに講演を行うことが可能です。​お気軽にお問い合わせください。

大阪府知事登録旅行業者代理業 5533号

TEL:06-4977-9527

FAX:06-7632-3179

〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎5丁目7-11アベニュー中津7F

Copyright 2020 © Runbridge Inc. All Rights Reserved.